So-net無料ブログ作成
泣ける歌 ブログトップ

きみにあえて うれしい:パーキッツ [泣ける歌]

230823.png
いや…この歌キッズステーションで1回しか聴いた事がなかったんですが、
妙に1回きりで耳に付いてしまう曲なんでありますねえ。
理詰めでキパッと収まってる曲なのですが、それが心地よい。
ど素人の私ではありますが、作るなら、こういうのを目標にしたいと
常々思っているところであります。

2TR目にはロミオのED=「Si Si Ciao」=若き岩崎琢氏の作曲ですねえ。
この手のCDには、時々掘り出し物が入っているから、侮れません。

運動会ベスト(1)

運動会ベスト(1)

  • アーティスト: コロムビア・オーケストラ
  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2002/04/20
  • メディア: CD


「トイレの神様」では泣けない [泣ける歌]

トイレの神様という歌が、紅白でフルコーラスで歌われるらしい。
前から、噂だけは聞いてましたが、何処かの店で有線で流れてきて
「あ、これか」と気付いたものです。途中で勘弁して欲しいと思った歌である。

ま、素人の見解なので、チラシの裏だと思って下さい。

あの歌で泣ける人の気持ちがワカランです。
そもそも”泣ける歌”が希有なものです。名前を聞いただけで恐れ入る
ようなビッグネームが取り組んだって、そうそう出来るものではない。
あの歌のように、平易な言葉を並べただけの歌詞、何処かで聞いたような
メロディの組み合わせから、人の心を揺さぶるような高度な心理操作は不可能です。

あれを作った人も、プロデュースした人もアレンジした人も真剣な作業だったのだろう。
だけど、日本の歌謡曲の水準からしてこれでは薄過ぎやしないか。
メロディの凡庸さを補う為、あっても不思議じゃない副旋律が無い、そういう曲である。
狙ったのかも知れないが、その辺の煮え切らなさが最後まで残ってしまうのが、心地の悪さとなる。
2コーラス辺りから、栗コーダーみたいのが入ってきた方が自然でしょ?これだけ
長丁場なのに、変化に富まないし、詞に訴える部分が無い→飽きるという構造です。

詞への突っ込みは、色んな所で言われているので、詳細は語りません。しかし、
Youtubeの公式にも、はっきり駄目出しをするコメントが増えて、その点は好ましい事だと思う。

見舞いに行って「もう帰っちゃうのか?」と言われても、逆は無い。ならその逆は何なのか?という事だ。
現実の話、年寄りと一緒に居て、段々悪くなって行って「ああ、もうこの人は死ぬのだ」と、
それを受容せざるを得ない心理は、真ん中端折って美化出来る筋合いのものではない。
この詞に、周りで誰か言ってやる人は居なかったのかと。

結論としてこの歌は、早く忘れたい歌だと思っております。
221204.png
歌い出しが、中島みゆきの「糸」と似ている、というのも色んな所で言われていますが、
あちらの重厚さとは比較の対象にもなりません。つくづくも、トッププロの一言の重さを再認させられます。

Singles 2000

Singles 2000

  • アーティスト: 中島みゆき,瀬尾一三,井上堯之
  • 出版社/メーカー: ヤマハミュージックコミュニケーションズ
  • 発売日: 2002/04/17
  • メディア: CD



チャージマン研の悲しいメロディ [泣ける歌]

221029.png
奇跡のサントラ発売となった、チャー研でありますッツ!
とっても可哀想な、ボルガ博士や捨て犬コロのBGM=TR21に入ってますが
これ本当はもっと長いんでしょうねえ。(←復元してみる?:笑)

嗚呼、チャージマンの家にさえ拾われなければ、ジュラル星人に殺されなくて
済んだのにと思うと、余計に悲しくなってきます。(違)

宮内國郎氏による主題歌は文句なくカッコイイ、間奏がトリプルファイターを彷彿とさせるのも
これまた良し。
「研とキャロン」もそうなんですが、よく聞いて深さに感銘受ける主題歌がですね、
いつの時代も子供番組には必要なのですよ。それを聴いてプロになる世代が
やがて必ず現れる。その時の礎として。
TR5は「ほかほか家族」っぽい、と言った方がわかりやすいかも。(笑)
音源の状態は決して良くないですが、この濃さがわかる人には買いだと思います。


チャージマン研! Tribute to Soundtracks vol.1

チャージマン研! Tribute to Soundtracks vol.1

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: トラフィック・エンタテインメント
  • 発売日: 2010/10/27
  • メディア: CD



ツッピンとびうお [泣ける歌]

220913.png
この歌、鬼才:桜井順氏の明快なメロディなのですが、(ベースが好き)
しかし、深く心に突き刺さるものがあります。
なんだって、トビウオがものすごく崇高な生き物に思えてしまって
仕方がないじゃないですか。
ええもう、私ゃ食べられそうにないです。(笑)

NHKおかあさんといっしょ 50年 うたのBEST110

NHKおかあさんといっしょ 50年 うたのBEST110

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2009/10/21
  • メディア: CD



泣ける歌 ブログトップ