So-net無料ブログ作成
自作曲を上げてみるテスト ブログトップ

海閑かなれ-3.11への鎮魂 [自作曲を上げてみるテスト]

20160609.png

震災後の地元詳細は、このブログにも詳しいですが、何しろ本当に直後は物資の断たれた山形界隈
身動きもままなりませんでした。
この音楽は、長らくの間8小節だけ出来ていて、そこから先が進まなかったものです。
まぁホントに何やかんやありました。しかし、自身へのけじめと、目で見た現実の重さを
忘れぬうちに、カタチにしたものです。

Shiratori -5C78のために- [自作曲を上げてみるテスト]

だいぶ投稿の間が空きました。ひとえに自分の心身がオッペケペーになっていた所為と思慮。
…さておき(殴)
20160514.png

宮城県でGPS標識の付いた白鳥-5C78-を見掛けるようになって数年になります。
動画サイトにアップするに際して、オリヂナルの楽曲を付けてやれたら良いなぁと思っての作品が
此の"Shiratori"となります。

「かなしからずや」に掛かりそうですが、人の都合で標識を付けられている事がそうかも知れないが
さもないと「あぁ今年も帰って来てよかったね」という事もありません。
自然への畏敬を、識別可能な野生生物の一個体の姿に引き当てて形にした楽曲であります。
…んでも、やはりちょっぴりかなしいか?

音源にはNIのKOMPLETE使用。←まぁ~私のようなド素人にはオーバースペックですが、
その位は所有させて下さいな、お代官様。(←何処のお代官だ?)

KONTAKT5をインスコしてみた [自作曲を上げてみるテスト]

250106a.png
世の中、シーケンサもWin7以降のみ動作ってのが出て来る時代です。
音源もしかり。というわけで、Os新しくするついでにインスコだけしてみますた。(殴)
ちなみにアップグレード版なので、クーポン等併用すると7千円以下の買い物である。(更殴)

こんなアイキャッチもどきをとりあえず…。(更特殴)
ちなみにSonarX2エッセンシャル(初心者向け)からVSTとして呼び出しておりやす。
ライブラリの容量25ギガくらいありますが、まぁ今時のメガトン級容量のサンプラーよりは
コンパクトと言えるでしょうねえ。

場面転換の音楽って [自作曲を上げてみるテスト]

200422.png
子供の頃から、場面転換の時の音楽(いわゆるブリッジですね)って
なんで「↓こんなの」が多いのだろう?と思っていた人です。(笑)

それと、この絵と何の関係がと小一時間。

保育園に行こう!という曲 [自作曲を上げてみるテスト]

200327.png
このイラストレーションは、だいぶ前に作った曲『保育園に行こう!』をテーマに
ひらどんさんが描いて下さったものでありますねぃ~。今はブログで、少々重い音声も
載せられるようになったので、いい時代です。…っても音ソースはSC-88音だけですが。

こういう曲想と言いますか、必ず一個リード楽器使うんですねえ~>自分のバヤイ。
あと取りあえず、ピッコロとスネアあれば、何とか形になるんじゃないかと。(←悪)

で、なぁぜに幼稚園でなくて『保育園』なのかと言えば、私が保育園だったからに
他なりません。やや~真面目な保育園児だったので、決して給食のミルクを
流し台に捨てたとかは←罰あたり甚。

あいちゃんのテーマ [自作曲を上げてみるテスト]

200321.png
ネットでは長くのお付き合いのあった、物見遊山さんの逝去から、かれこれ6年にもなろうとしております。
氏のオリジナルキャラ=藍ちゃんの二次創作は多数に登りますが、唯一の音楽作品が
拙作のテーマ曲でした。

掲載していただいた当時にもコメントしたのですが、アニメのテーマと言うよりは、N○Kの
ドラマ新銀河みたいの(爆)を目指したものなのです。とは言え、根底にその「ぷに」感を
持たせる、というのは必至の命題ですから、ちょっと悩んだ記憶がありますねえ。
今聴いても懐かしく、そう悪くはないのではないかと自負します。

みつあみ四重奏(懐 [自作曲を上げてみるテスト]

200318.png
私は、夢クレからどっぷりアニメと音楽に再ハマリしたクチなのですが、ま~、さんざんお金
かけましたねえ~。(笑)大概のグッヅは持ってるかも。
これは、片岡みちるサンの単行本3巻の夢クレ最後の頁と、一緒に収録されていた
「みつあみ四重奏(カルテット)」の表紙。

その頃の私は、何を思ったのか「ひとつ、これをテーマにアニメのBGMみたいのを創って
みようではないか」と。当時現役最強(笑)のコンシューマ向け音源だった?Sc-88Proで
打ち込んでみたのが、こちら。↓↓

タイトルは『未晴、遅刻しちゃう』…一番最初のシーンですな。
今より生活に余裕が(お金はないが時間が)あった頃あので、ヘタレはヘタレなりに
手数が入っておりますね。
やはり「萌え」の要素は大事だなぁと、時を経て聞くと痛感させられます。片岡センセの
あの絵柄でないと、なかなかこういう二次創作の力には繋がらないと思いますですよ。


夢のクレヨン王国 (3) (講談社コミックスなかよし (905巻))

夢のクレヨン王国 (3) (講談社コミックスなかよし (905巻))

  • 作者: 福永 令三
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1998/12
  • メディア: コミック


全部古書ですが、まだ健在。
自作曲を上げてみるテスト ブログトップ